【魅力アップ・結婚】・女性の為の魅力アップする為のニュースなどを集めています。いろいろな角度からあらゆる視点でアナタの女性の魅力アップする為のお手伝い。より素敵な女性になれる要素を掴んで下さい。男性も女心の勉強に。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはハデ婚派?ジミ婚派?


結婚費用の総額は、減少し続けており、ジミ婚が定着したという調査結果が出ました。

不景気といわれているからやっぱり、こういうところからお金の節約が増えているのでしょうか?続きを読む

女は結婚前に悩み、男は結婚後に悩む


米国人のシングルと日本の独身者の恋人探しに、どんな違いがあるのだろうか。米国では、そもそも公共の場所で話しかけたり、それに応えることは決して不思議なことではない。そうした社交マナーを小さいときから身につけている。もちろん、社交マナーのない人は、相手にされない。博物館やホテルのバーなどで、初めて出会う人と小さな会話は交わされるし、その会話が弾むことも不思議なことではない。異性に話しかけることを取り分けて「ナンパしている、されている」といった中傷に悩まされることもない。

少し日本と考え方とか社交性が違うけれど、女性はこういう出会いも憧れの一つではあると思いませんか?


続きを読む

2007年は●●系男子を狙え!


アキバ系、ちょい悪オヤジ、3低男……。2006年に注目を浴びたのは、ちょっぴり変り種の男性たちだった。おもしろいのはわかるけれど、実際に自分の恋人にしたいかと問われると、う~んと首をかしげてしまう人も少なくないのでは?

確かに、少し考えてしまう人が多いのではないかな?
好きな人は好きみたいなので多くは語りませんが・・・。



こうしたなか、結婚を真剣に考えている女性たちから熱い視線を送られている男性たちがいる。続きを読む

男性の早婚化、女性の晩婚化


男性は早婚化、女性は晩婚化の傾向がみられることが26日、厚生労働省が発表した2006年度「婚姻に関する統計」で明らかになった。
同統計は、厚労省が毎年公表している人口動態登記をもとに、日本人の婚姻動向につてまとめたもので、今回は1987年と96年に次いで3回目。

では、何歳ぐらいという統計が出たのでしょうか?

続きを読む
Copyright © 女性の為の女性による魅力アップ講座 女のキモチ研究 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室1キロバイトの素材屋さん
  • 管理者ページ

  • まとめ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。