あなたはハデ婚派?ジミ婚派?・女性の為の魅力アップする為のニュースなどを集めています。いろいろな角度からあらゆる視点でアナタの女性の魅力アップする為のお手伝い。より素敵な女性になれる要素を掴んで下さい。男性も女心の勉強に。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはハデ婚派?ジミ婚派?


結婚費用の総額は、減少し続けており、ジミ婚が定着したという調査結果が出ました。

不景気といわれているからやっぱり、こういうところからお金の節約が増えているのでしょうか?
家計経済研究所ではこの結果から、「ジミ婚は90年代の後半より定着した傾向」と分析しています。

 また、結婚費用を男女どちらの側が出しているかの調査では、1993年から96 年は、夫側が300万2千円、妻側が329万6千円、
97年から2000年は、夫側が205万5千円、妻側が193万5千円、2001年から2005年は、夫側が199万円、妻側が166万1千円でした。
家計経済研究所では、支出割合は夫側と妻側がほぼ折半で捻出していることが分かるとしています。

やっぱり貯金をしておかないと大変ですね。


結婚費用の賄い方法についての調査では、1993年から96 年は、夫と妻の貯金が41.8%、親からの援助、借り入れが38.1%、お祝い金が18.4%で、97年から2000年は、夫と妻の貯金が39.6%、親からの援助、借り入れが36.0%、お祝い金が22.6%、2001年から2005年は、夫と妻の貯金が37.8%、親からの援助、借り入れが35.5%、お祝い金が26.1%でした。

しかし、全額負担というのはなかなか厳しいという現実です。


家計経済研究所では、「費用をできるだけ少なくする一方で、慣習によるお祝い金の金額は減少しないため、このような結果となっていると考えられる」と分析しています。

だからと言ってお祝い金をケチるわけにもいかずですよね。
何かと大変なものですね。


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © 女性の為の女性による魅力アップ講座 女のキモチ研究 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室1キロバイトの素材屋さん
  • 管理者ページ

  • まとめ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。