女は結婚前に悩み、男は結婚後に悩む・女性の為の魅力アップする為のニュースなどを集めています。いろいろな角度からあらゆる視点でアナタの女性の魅力アップする為のお手伝い。より素敵な女性になれる要素を掴んで下さい。男性も女心の勉強に。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女は結婚前に悩み、男は結婚後に悩む


米国人のシングルと日本の独身者の恋人探しに、どんな違いがあるのだろうか。米国では、そもそも公共の場所で話しかけたり、それに応えることは決して不思議なことではない。そうした社交マナーを小さいときから身につけている。もちろん、社交マナーのない人は、相手にされない。博物館やホテルのバーなどで、初めて出会う人と小さな会話は交わされるし、その会話が弾むことも不思議なことではない。異性に話しかけることを取り分けて「ナンパしている、されている」といった中傷に悩まされることもない。

少し日本と考え方とか社交性が違うけれど、女性はこういう出会いも憧れの一つではあると思いませんか?


 米国では、少なくても社交場で異性が話す機会が多いため、話しなれている人は多い。男女共にユーモアのセンスは第一に問われるといっても過言ではないし、楽しい会話の潤滑油である。ダンスフロアに上がれば、やはり、現代でも男性がリード役であるように、女性もスムーズなリードを期待する。ダンス会場に日本の30─40代の独身者の出会いを例えれば、独身女性は踊りに出かえる前にその準備に余念がないのに比べて、独身男性は、踊りの誘い方のマナーや踊り方もあまり知らないといった状況だ。

やっぱり、レディーファーストという意識が高い為自然でスムーズなエスコートを身につけている男性が多いのではないでしょうか。
日本の男性も少し勉強するとモテ度がアップするかもしれません。


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © 女性の為の女性による魅力アップ講座 女のキモチ研究 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室1キロバイトの素材屋さん
  • 管理者ページ

  • まとめ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。