男性の早婚化、女性の晩婚化・女性の為の魅力アップする為のニュースなどを集めています。いろいろな角度からあらゆる視点でアナタの女性の魅力アップする為のお手伝い。より素敵な女性になれる要素を掴んで下さい。男性も女心の勉強に。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性の早婚化、女性の晩婚化


男性は早婚化、女性は晩婚化の傾向がみられることが26日、厚生労働省が発表した2006年度「婚姻に関する統計」で明らかになった。
同統計は、厚労省が毎年公表している人口動態登記をもとに、日本人の婚姻動向につてまとめたもので、今回は1987年と96年に次いで3回目。

では、何歳ぐらいという統計が出たのでしょうか?

初婚率をみると、男性は28-29歳で結婚する割合が高かったが、近年はそのピークが低くなり、早婚化の傾向にある。一方、女性の初婚年齢のピークは90年が26歳だったのに対し、ここ数年は28歳と晩婚化の傾向がうかがえる。

男性は早く年貢をおさめてしまうのには、何か理由があるのでしょうか?
女性が晩婚になるのには何か理由があるのでしょうか?



 婚姻件数の年次推移をみると、終戦直後の47-48年の「第1次婚姻ブーム」には95万組になったが、49年からは急激に減少し、51年は67万組と戦後最低を記録した。その後再び増加に転じ、70年には「第2次婚姻ブーム」を迎え、72年には110万組となった。近年は増減を繰り返し、2000-01年に増加をみたが、03年以降は減少傾向にある。

結婚に憧れる女性も多いけど、自分の周りを見てもわかるようにやっぱり仕事が楽しいであったり、結婚への条件が厳しかったりとなかなか女性は難しいものですね。


再婚件数は、79年以降増加傾向にあり、05年には全婚姻件数に占める割合が25.3%になった。夫妻の一方が外国人の婚姻件数の推移をみると、85年以降増加を示しており、全婚姻件数に占める一方が外国人の婚姻件数の割合は、05年で5.8%だった。

海外らも目を向けて理想の結婚への選ぶ幅を広げているのでしょうか?

ライブドアニュースより引用)



スポンサーサイト
Copyright © 女性の為の女性による魅力アップ講座 女のキモチ研究 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室1キロバイトの素材屋さん
  • 管理者ページ

  • まとめ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。